ぽんとぱす・ランドロゴ

ハーブガーデン

アキコ先生
コロナ禍で東京都心から湘南へ移住
医薬品の研究開発を経て現在はハーブとアロマの講師
ハーブやアロマの健康効果や使用方法、育成中ハーブの成長記録等をお届けします

コーラは健康飲料?

コカ・コーラは、ペンバートン博士の開発当初は、ワインにコカインとコーラのエキスを調合した『フレンチ・ワイン・コカ』として、精力増強や頭痛の緩和に効果のある薬用酒として1885年に販売されましたが、やがてコカイン依存症が問題となるとともに、ワインに代えて、炭酸水の風味付けのシロップとして『コカ・コーラ』と名づけ1886年に発売されました。
現在では、コーラは清涼飲料水としての位置付けですが、開発当初は健康飲料だったわけです。

  • コーラノキ Cola nitida アオギリ科
  • 種子(コーラナッツ)にカフェインを含む 疲労回復作用
    現在のコーラにはこの植物は使用されていませんが、多くのコーラ飲料にはカフェインが配合されています。
  • コカノキ Erythroxylon coca コカノキ科
  • 葉にコカインを含む 局所麻酔作用
    毒性が強く依存性があることから麻薬に指定されています。
    現在のコーラにはもちろん使用されていません。

最近はクラフトコーラ(手作りコーラ)が人気で、スパイスやハーブを使ってコーラの味を再現した製品が数多く販売されるようになり、ご当地コーラとして限定販売される商品も多数あります。また、家庭でも簡単にコーラシロップを作れるレシピが、インターネット等で多数公開されています。

クラフトコーラに必ずと言っていいほど使われるスパイスには、以下のようなものがあります。

  • クローブ Syzygium aromaticum フトモモ科
  • 生薬名:丁子 チョウジ
    主要成分:オイゲノール
    作用:抗菌、鎮痛、局所麻酔
  • カルダモン Elettariaa cardamum ショウガ科
  • 生薬名:小荳蔲 ショウズク
    作用:消化機能促進、鎮痛、鎮痙
  • シナモン Cinnamomum verum, Cinmamomum cassia クスノキ科
  • 生薬名:桂皮 ケイヒ
    主要成分 桂皮アルデヒド
    作用:消化機能促進、抗菌
  • ジンジャー Zinguber officinale ショウガ科
  • 生薬名:生姜 ショウキョウ、乾姜 カンキョウ
    主要成分: ジンゲロール、ショウガオール
    作用:消化機能促進、消炎・鎮痛

いずれも生薬として漢方薬などに使われるスパイスで、精油成分(芳香成分)を含み、消化器機能を向上して食欲を増進させたり、抗菌作用によって食中毒の予防効果が期待できるスパイスです。コーラは夏場に飲むことが多い飲み物ですが、これらのスパイスを使って手作りしたコーラは、夏バテで食欲が低下したり、消化器系が弱っているときに効果的な飲み物といえるでしょう。また、前述のコーラノキ(コーラナッツ)を使わずに作った手作りコーラはノンカフェインですので、カフェインが苦手な方にもおすすめです。上記の他にも、お好みにより、ナツメグ、ブラックペッパー、コリアンダーシード、カイエンペッパー、スターアニス、アニスシードなどのスパイスを加えてアレンジも可能です。柑橘類も、ライムやオレンジなどお好みのものを加えてオリジナルのコーラを作るのも楽しいですね。

クラフトコーラの作り方

  • 【基本の材料】
  • 水…200ml
  • 三温糖…100g
  • クローブ…20粒
  • カルダモン…10粒 (はさみや乳鉢等でつぶしておく)
  • シナモンスティック…2本 (3㎝程度にちぎる)
  • バニラビーンズ ※1…½本 
    (鞘を開いて中身をこそげる、鞘と中身は両方使用)
  • レモン ※2(果皮、果汁)…1個 
    (果汁を絞り、残りを薄切りに)
  • 生姜…1かけ (薄切り)
  • ※1 バニラエッセンスで代用可能
  • ※2 皮を使用するため、防黴材不使用のもの
材料写真
  1. 【作り方】
  2. レモン果汁以外の材料を火にかけ、沸騰したら弱火で10分間煮る
  3. 粗熱が取れたら、レモン果汁を加え、清潔な容器に移して冷蔵庫で1晩漬け込む
  4. 茶こしで濾過して清潔な保存容器に移す(シロップは冷蔵庫で2週間程度保存可能)
調理写真
  1. シロップを炭酸水で割っていただく
完成写真

ハーブの香りを虫よけに

植物は自分自身が虫から食べられるのを避けるため、虫が嫌がる香り(精油成分)を作り出しています。そのため、精油を使って虫よけスプレーや虫よけキャンドルを作ったり、虫よけ効果のあるハーブを庭やベランダに植えて虫の侵入を防いだりという使い方ができます。

虫よけ効果があるとしてよく知られているハーブに、レモングラス、ユーカリレモン、ゼラニウムなどがあります。これらのハーブにはどのような成分が含まれているのでしょうか。
レモングラスに含まれるシトラール∗(ゲラニアール、ネラール)、ユーカリレモンに含まれるシトロネラ―ルという成分は昆虫忌避(虫よけ)効果のある成分としてよく知られています。化学構造的にはいずれもテルペン系アルデヒド類に属する成分で、レモンに似た感じの力強い香りがします。
よく似た名称の成分でゼラニウムに含まれるシトロネロールという精油成分がありますが、こちらも虫よけの効果が高い成分で、化学構造的にはシトロネラールのアルデヒドの部分がアルコールに置き換わっています。香りは上述のシトラールやシトロネラールに比べてマイルドで甘い香りです。ゼラニウム精油全体としてもローズ・オットー精油によく似た華やかなフローラルな香りがします。
いわゆるハーブの虫よけの香りが苦手な方は、おそらくシトラールやシトロネラ―ルの強い香りをイメージされていると思うのですが、シトロネロールが含まれるゼラニウムの香りは虫よけ効果がありつつ優しい香りなので、是非一度お試しいただければ。

化学式

∗シトラール:ゲラニアール(trans)とネラール(cis)は幾何異性体で通常混在しており、両者を合わせてシトラールと呼びます。シトラールという成分ではありません。

  • レモングラス Cymbopogon citratus イネ科
  • 主要成分:シトラール(ゲラニアール40~50%、ネラール30~50%)
    効果:鎮静、抗炎症、昆虫忌避

    レモングラス
    畑で育成中のレモングラスです。
    高温多湿好きなので、小さな苗から2か月でモリモリ成長中。
    畑に植えていても、ほとんど虫がつきません。

  • ユーカリ・レモン Eucalyptus citriodora フトモモ科
  • 主要成分:シトロネラ―ル(70~85%)
    効果:抗炎症、鎮痛、鎮静、昆虫忌避
  • ゼラニウム Pelargonium graveolens フウロソウ科
  • 主要成分:シトロネロール(25~40%)、ゲラニオール、リナロール
    効果:収れん、抗菌、昆虫忌避

    ゼラニウム
    畑で育成中のゼラニウムです。
    春には小さなピンク色の花を咲かせます。
    ゼラニウムには園芸品種が多いので、学名を確認して購入しましょう。
    周囲には甘い香りが漂っていて、全く虫がつきません。

ぽいんとぱす・ランドに戻る